昆虫食のコスパを検討して肉の代替手段として有効か考えてみた

おすすめブログ

この度はどうも。今日も記事を書かせていただきます。この記事のテーマについてですが、コストパフォーマンスの定義のことが今回のテーマとなります。昆虫食の中でも特に昆虫食のコスパは避けて通れないテーマかと主観的には思います。

それなりに詳しい記事だと思いますので、暇な時にでも。

コストパフォーマンスについて理解しておきましょう

コスパはコストパフォーマンスの略ですがその意味について正確に知っているでしょうか。コストに比べてパフォーマンスがどうだったかという意味であり、支払った金額などに対してどれだけの見返りがあったかなどの意味です。

一見複雑な言葉のようにも見えますが、単に、対価として支払った費用(コスト)とその結果返ってきたパフォーマンスを総合して別のものと比較した場合の費用対効果とも言えます。なのでパフォーマンスの程度も明確でないとコストパフォーマンス自体もちゃんとわかったことにならないということになりますね。

コスト【cost】 の解説 費用。特に、商品の生産に必要な費用。生産費。原価。「コストを切り詰める」 [補説]金銭以外に、時間や労力などを含めていうこともある。

それでは昆虫食のコストパフォーマンスはどのようにはかるのでしょうか。

昆虫食におけるコスパの概念

上記のようにコスパとは費用対効果のことですが、昆虫食についてのコスパを見ていく場合、コストを価格や費用とすると、パフォーマンスって何を見ればいいのでしょうか。ここが肝心なんですね。

しかしここでは簡潔に昆虫食におけるパフォーマンスは昆虫食の肉より安いかどうかとしておいていいでしょう。

例えば昆虫食における自分で育てて食べるの価格に対して、得られる効果やメリットが大きいと感じる場合それはコストパフォーマンスが良いということなのです。そこまでわかってもまだ、享受したメリットの感じ方の程度は人それぞれなので少し考えてみる必要がありそうです。というわけなんです。つまり昆虫食のコスパはあなたの欲求や昆虫食を食べる目的によっても変わってくる概念なんですね。

昆虫食に対してあなたが重視する肉の代替手段として食べたいなどの昆虫食の食べる目的とは

すでに述べた通りコスパは人により異なるので、昆虫食のコストパフォーマンスを正確に計るには、どういうふうに使いたいのか、要するに肉の代替手段として食べたいなどの昆虫食の食べる目的を明白にさせるのが近道でしょう。

例えて言えば、あなたが昆虫食の購入や利用を検討するにあたり肉の代替手段として食べたいのが主な食べる目的であるというなら、自分で育てて食べるにコストをかけるのがいいのか、食べられない虫を食べてしまうリスクにコストをかけるのがいいのか、という問題が発生するわけですね。

ですのでやはり肉の代替手段として食べたいためなどというあなたの食べる目的を十分吟味してから自分で育てて食べることと食べられない虫を食べてしまうリスクなどを総合して、どっちが食べる目的に影響を与えるかについての見識も必要になってくるのですね。

おすすめブログ管理人
おすすめブログ管理人

例えば食べるために自分で育てるにしたらかなりの場所が必要だし、変な虫を食べて病院送りになったらコスト高いよね

こうしたことを明確にさせることにより「どういった昆虫食にお金を払うか」が明瞭になり、昆虫食を購入する際肉の代替手段として食べたいなどという食べる目的に対してコストパフォーマンスを改善することも可能になるというわけなんです。

おすすめブログ管理人
おすすめブログ管理人

本当に肉より安くつくのかも検討する必要があるね

昆虫食のコストパフォーマンスを見定めるポイントを出来るだけ詳しく知ることによって、昆虫食のコストを抑えて、目的重視で選択することにもなるわけですね。昆虫食に関して自分の肉の代替手段として食べたいをはっきりさせた上でコスパについて考慮なさるといいでしょう。

こちらの記事もおすすめ!

バグズファーム おすすめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました